2010年05月31日

イメージングでカロリー消費

 神経のこまやかな人に比べ、神経の図太い人は肥満気味です。
 これは、神経の細やかな人はいろんなことに気がつくので脳内にいつもイメージが湧き上がり、脳内で多量のエネルギーを消費しているからです。あなたはエネルギーを消費するには運動するしかないと考えてはいませんか。確かに運動するのも多くのエネルギーを消費しますが、身体を全く動かさなくても、脳をフルに使えば多量のエネルギーが消費されるのです。その上、運動によるエネルギー消費に比べ、持続時間が長く取れ、そして疲れにくいのです。
 神経の図太い人というのは、だいたいにおいて、大ざっぱで、ボーッとしています。おおらか、こまかいことを気にしないなどと形容されますが、言い換えれば、季節の微妙な移り変わりや気温変化、友人のなにげないしぐさや声のトーンなど、挙げればキリがありませんが、それらを敏感にキャッチできないのです。
 つまり、それらの変化に合わせたイメージが脳内に生まれないのです。もしこれらの変化に合わせたイメージが脳内に生まれる方なら、そのイメージに合わせ、身体中の筋肉や神経が鋭敏に反応を起し、心身のエネルギー消費が増大するのです。ですからダイエットのためにウオーキングをしているなら、身体だけでなくイメージングで脳も使ってみるのです。
 イメージングが上手になればなるほど心身でのエネルギー消費が増大します。そして、このイメージング効果をさらに高めるには、イメージ上のライバルを作ることです。
 ダイエットの挑戦者たちの多くは、やせてきたときに、昔のぽっちゃりしていた頃の写真を見たり、その頃着ていた洋服を思い出したりします。これは、やせた自分を昔の自分と比較して、うれしさを味わいたいという心理と、同時に、二度とあの頃に戻りたくないという気持ちの現われがそうさせるのですが、これはあまり良い方法ではありません。
 それより、部屋のあちこちに自分がこんなスタイルになりたいと憧れるモデルや芸能人の写真を貼って眺めるというのは、「今はまだまだだけど、あんな風になりたい」という願望を高め、持続させる効果があります。ダイエットに限らず何か目標を達成するには、高い願望と、それを持続させることが必要です。
 ところが人は、視覚に入ってくる映像をイメージ化し、そのイメージどおりの身体の働きをしてしまいます。それがもし、ぽっちゃりしていた頃の写真や洋服だったらどうでしょう。二度とあんな風にならないように、という自分への戒めの気持ちで見ていたとしても、そのイメージに引きずられやすいのです。それが願望の達成に妥協を生じさせるのです。
 実際の話し、身近にスタイルの美しい人が多い場合や、ライバルが非常にスタイルのよい人をもっているダイエット希望者がイメージダイエットを行うと、みるみるスタイルがよく美しくなっていくことからも、これらのことがうなずけます。さあ、今日からあなたも、昔の写真や洋服は片づけて、理想とする写真を部屋に飾り、視覚的効果と願望の実現の強い願望を伴うイメージングとプラスイメージを味方につけ、スリムを成功させましょう。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ダイエットのためのイメージング

 私達人間が思い描くイメージは、先にも述べたように、潜在意識から作れるイメージが大きな作用を身体に表します。ですから、イメージングの基本は、この潜在意識から生まれるイメージが重要なのです。
 つまりイメージダイエットを成功させるためには、潜在意識にある願望を明らかにして、「今、自分は理想のスタイルを得るためにダイエットをしているんだ」というイメージに焦点を当て、集中することが大切です。
 そして、その集中を長い期間持続させることが重要です。
 ダイエットに失敗する人の多くは、どんなダイエット方法でも、始めたころは集中的に頑張れたものが、途中からめんどうくさくなったりしてやめてしまうことが多いものです。
 ですから、イメージダイエット法では意識を持続させるために、イメージングによる条件づけを行います。
 たとえばウオーキングを始めてしばらくは楽しい気持ちで続けられるはずです。そのときがチャンスです。ウオーキング中に決まったイメージコードを含む楽曲を使ったイメージングをするのです。そうすればそのイメージが、楽しい気持ちを生み、ウオーキングが条件づけされていきます。
 挫折しそうになったときに、そのイメージコードを含む楽曲を聞けば、自然に外を歩きたくなるのです。このときの楽曲は、できるだけ一つの曲に限定できれば条件付けは強化されます。
 また、楽曲はアップテンポのものがよいでしょう。アップテンポの曲は、そのリズムに合わせて、気持ちをハイにしていく効果があるのです。つまりダイエットは、「楽しみの一つ」とイメージできれば成功はまぢかです。
 一方、ダイエットに失敗する人は、ダイエットはつらいものと思っています。もし、あなたが今そのまっただ中にいるなら、「ダイエット以上に苦しいことはない」と、思っていることでしょう。
 しかし、本当にダイエット以上につらいことはないでしょうか。そんなことはないはずです。
 もし、恋人が自分よりスタイルのいい女性に心変わりしてしまったらと、イメージしてみなさい。実際にそれを体験する必要はありませんが、イメージ上で、いろいろの場面を体験してみるのです。
 イメージ上なら何でも自由に体験できます。ダイエットがつらくなったとき、イメージ上でそれ以上につらい体験をしてみるといいでしょう。
 そしてダイエットを成功させるためには、環境の影響力も無視できません。人はいつも自分が身を置く場所を心の中で「ここが私にふさわしい場所」と解釈します。
 やせたいと思っているのに、周りを見渡すと太りぎみの友人ばかり、というのは問題です。冷蔵庫の中はカロリーの高いものばかり。 友人はすべて、飲んで食べてが大好き。洋服を買いに行くのもビッグサイズの充実した店。部屋はいつも万年床で、ものは手を伸ばせば届くところにあり、部屋のインテリアも重い体重を支えられる大型のものばかり、挙げればキリがありませんが、太りぎみの人に共通する環境です。
 一度自分にあてはめて考えて見ましょう。おそらくあなたは、無意識のうちに、太りやすい環境を呼び寄せているはずです。
品行方正な人でも、ルーズな場所に身を置くと、次第にだらしなくなってしまうものです。つまり、周囲の環境に知らず知らずのうちに自分を順応させてしまうのです。
 これはダイエットでも全く同じです。だからこそダイエットに適した環境作りが大切になります。環境を変えるのは意識すればすぐにもできることです。
 そして、少し背伸びして、ワンランクアップの環境作りを目ざしましょう。部屋の中の整理整頓、軽量でエレガントなインテリア。ショッピングもスレンダーな洋服を目指します。友人も超スタイルのいい人を一人でも多く作るように心がけます。
 そして願望の実現をイメージ上で描くのです。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

限界はイメージが作る

 私達人間が感じる限界点は、実は、本当の能力の約70%位のところで「これ以上は無理」と感じます。
 実際には30%ほどの余力が残っているのに、イメージ上で限界と感じてしまうのです。これはスリム化をはじめ、どんなことでも同じです。自分の頑張れる70%のところで「これ以上は無理」とイメージ上で勝手に限界点を作ってしまうのです。
 このようにイメージ上に限界点を作ってしまうと、身体もその限界どおりになるものなのです。
 ですからスリム化には、心の限界を打ち破り100%の力を発揮することが求められます。そしてこの限界点はイメージ上で決められるわけですから、限界を破るにもイメージが必要なのです。
 つまり、イメージの持ち方が重要です。
 たとえば、あなたは無意識のうちに、自分の体型を隠すようなファッションをしていたり、身体を細く見せる濃い色の服を選んで着ているなら、それは他人に自分を少しでもよく見せたいという気持ちと、自分の体型を否定し、そこから目をそむけたいという心理が同時に働いているのです。
 それは、他人に素敵な自分を見せたいという気持ちを、ファッションでごまかしているのです。そうすると、スリム化への意欲は減少してしまいます。
 その上、気持ちの上でも「まだごまかせているうちは大丈夫」という甘えが生まれます。
 もしあなたが、今の体型が外から見てもわかるような服を着たとしたらどうでしょうか。そうすると、他の人から見られているという自意識も高まり、「これはなんとかしなくては」という気持ちが強まるはずです。
 私達人間は、何かの目的に向かうとき、まず自分の置かれている現実を見つめ、認めることからスタートします。
本当につらくいやな作業ですが、いつまでも自分の体型から目をそむけず、一度真正面から向き合って「これが私の体型。でも、このおなかの肉がなくなればカッコよくなれるはず」と、問題点を認めましょう。その上で、美しくスリムになると決意したなら、「私は目的を持って頑張れる素敵な人間」と、自分を認めることが大切です。
ところで本当のところ、あなたが望む痩せ方があなたの理想のスタイルですか。
 というのも、今や、だれもかれもが「やせたい、やせたい」と口癖になっています。しかしそう言いながら、本当はどのようにやせたいのかがはっきりしないのです。
 それは私たちの意識に関係します。私たち人間の意識には、潜在意識と表在意識があります。「やせたい」と口にしているのは、表在意識で考えていることなのです。
 しかし、心の奥底にあって気づかない潜在意識で、自分の理想はポッチャリ系のイメージだったらどうなるでしょう。
 潜在意識と表在意識の闘いが脳の中で繰り広げられます。しかし、潜在意識のイメージのほうが強いので、表在意識は負けてしまい、自分では頑張ってダイエットにとり組んでいるのに、潜在意識のポッチャリ系のイメージにどんどん近づいていくのです。
 では潜在意識のイメージはどのように作られるのでしょう。
それは、あなたの幼少期にさかのぼることが多いようです。子供の頃、一番身近で自分にとって最も影響力のある存在、それは母親です。その母親の姿を理想の女性像として、無意識のうちに脳の中に強くインプットしていくのです。母親でなく、幼少の頃遊んでくれたお姉さんや幼稚園の先生かもしれません。
 あなたがスリム化に何度も失敗しているなら、一度、今までに自分に影響を与えてきたと思われる身近な女性を順番に思い出してみましょう。
 ひょっとするとその中にポッチャリ系の好ましい人がいて、本当はその人のようになりたいと潜在意識で思っている場合があるのです。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

やせて美しくなった自分をリアルにイメージする

 あなたはスリム化に成功した若々しく美しい自分をリアルにイメージできますか?
 ただ漠然としたイメージではなく、リアルなイメージを描けるなら、あなたのダイエットは成功するでしょう。というのも、人は自分のイメージしたとおりの身体に近づけるからです。
 だからこそ、正しいイメージ作りが大切なのです。イメージには内的イメージと外的イメージとがあります。内的イメージとは、自分自身がもつ身体的感覚です。外的イメージとは、自分の姿を外から見るようなイメージです。正しいイメージ作りには、この二つのイメージが欠かせません。
 やせた自分の身体のイメージとして、まず外的イメージで自分をイメージします。正面から後ろから、右から左から、上から下からというように理想的な自分をイメージ上に作り上げます。
 そして次に、内的イメージで、やせた自分の身体の軽量感や身体の動かしやすさ、また太っていたときには視界の中に、なんとなくほおの肉が入っていたのが、スッキリして目に入らなくなったなどのイメージを作ります。
 たとえば重量感なら、自分が実際に五キロのおもりを持ってみて、それをおろしたときの軽量感をイメージ上で、今の自分の体重から五キロ体重を落としたときの感覚としてイメージしてみるとよいでしょう。
 視界に入るほおの肉は、手で下に押し下げてみて、こんな感じに見えるんだとイメージしていくのです。外的イメージ作りのためには、いろんな角度から自分を鏡に映してみることです。外的にも内的にも若々しく美しくやせた理想の自分をイメージするのです。
 そして食事時には、スリム化に成功したエレガントな自分をイメージしながら食事をします。そうすれば、案外少しの量でおなかがいっぱいになったりします。
 しかし、その食事での栄養が不十分では長続きはしません。ですから、不足する栄養素をサプリメントで補うわけです。
 とりわけダイエットでの減食はとてもつらいものです。ダイエットを始めた人の食事風景を見てみると、とても殺風景で、悲壮感さえ感じます。減食やダイエット食を食べなくてはいけない、というプレッシャーが、食事を楽しむという気持ちを小さくします。
 実は、このような食事では、脳は栄養素の不足を強く感じ、よけいに食に対する執着を生み、食べることを要求します。こうなるとダイエットの目的である食の制限からくるジレンマが増し、それがさらに食事の楽しみを奪います。ですから、ダイエットには楽しい食事をすることがとても大切なのです。
 では、どうすれば楽しい食事ができるのでしょう。
 それには脳が強く望む全ての栄養素を、かかさず十分に摂りながら、目的意識を強く持つことです。
 つまり、イメージダイエットで大切なのは、この栄養補強と目的意識なのです。これは、あなたがダイエットを行う上で、とても大切なことです。「自分はなぜやせたいのだろう」「自分はやせたときに何がしたいのだろう」こうした目的意識がはっきりとしていなければ、決してダイエットの成功は望めないのです。
 やせて、素敵な恋愛をしたい人は、イメージ上で繰り返し恋愛体験を夢見ることです。素敵な洋服を着たい人は、それを着ている自分を強くイメージすることが大切です。
 また、実際にやせたときに着る高価な服を前もって買っておき、毎日それを眺めながらイメージするのもよいでしょう。恋愛であれば、彼と一緒にとるスナップ写真や、デートコースを一緒に歩く自分を強くイメージするのもよいでしょう。自分の目的を明確にし、それをイメージによって映像化して、現実感を持たせるのです。
 つまりイメージ上で、疑似体験をするのです。そしてイメージ上のゴールをはっきり認識できれば成功も得やすいのです。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。