2010年06月28日

イメージングと栄養補強で脂肪を燃やす身体を作る

 身体の肥満度は、エネルギーの摂取量と消費量で決まります、と先にも述べました。当たり前のことですが、これが大切なのです。このでは、健康でバランスの取れた身体を作ることができるイメージング法、運動法、食事法を紹介します。スリム化を目指す人にとって、最も気になるのが、リバウンドです。せっかくやせたのに、半年後にはダイエットする前より太ってしまったなんてことはよくあることです。
 ここで紹介するイメージダイエットは、体質そのものを太りにくい体質、つまり脂肪を燃やしやすい体質にします。そのうえ、イメージダイエットは他のダイエット法に比べ、つらいと我慢をしいられるとかいうことはありません。
 では、まずダイエットのために理解しておく必要があることをいくつかお話しましょう。
私達人間のエネルギー源は主に糖質と脂質の二つです。もちろん、たんぱく質もエネルギーにはなりますが、飢餓状態にでもならない限り、糖質か脂質をエネルギー源にして活動しています。そして糖質はグリコーゲンという形で、脂質は脂肪として体内に蓄えられています。ところが私達の身体には、グリコーゲンは限られた量しか蓄えられず、すぐに使い切ってしまいます。それに対し脂肪は豊富に蓄えられている上に、エネルギー量が大きいので枯渇することはありません。この豊富な脂肪が使える状態なら、持久力が増し、長時間にわたり活動できるようになります。しかも、身体の中に蓄えられる量が限られている糖分を節約でき、血糖値が安定するので、集中力が増します。
 そしてこの脂肪を燃やすものが筋肉です。筋肉が発達している人の脂肪は、常に新陳代謝され、燃えやすい状態であるのに対して、肥満している人の脂肪は、長い間体内にとどまり、湿った薪のような状態でなかなか火がつきません。
 たとえば、グリコーゲンはマッチに、脂肪は薪にたとえるとよくわかります。マッチは簡単に火がつくけれど、すぐに燃え尽きてしまいます。薪は燃え出すまでに時問がかかりますが、燃え出すと長い間燃え続けます。つまり、肥満している人の身体の中では、マッチを浪費し、すぐに使い切ってしまいます。つまり、身体を動かし続けることができず、エネルギー源の脂肪があるにもかかわらず、すぐに疲れてしまうのです。
 そのうえ筋肉には、持久系の運動に適したエアロビック筋と、スピード競技などに必要なアネロビック筋があり、エアロビック筋は脂肪分を、アネロビック筋は糖分を使って動きます。ですから、エアロビック運動を繰り返すことによってエアロビック筋がふえれば、それだけたくさんの脂肪を燃やすことができるようになり、体脂肪が減るというわけです。
 エアロビック筋を鍛えると、ほかにも、さまざまな変化が見られるようになります。それは筋肉がしなやかになり、それに付属する靭帯が強化されるので関節を保護してくれるのです。その上、筋肉と脂肪のバランスが保たれ、スタイルがよくなります。血液の循環や心肺の働きも高められます。さらに高められた血液循環は、アネロビック筋の働きを助けます。
 また、美容の大敵、活性酸素を減らすこともできます。一方、アネロビック筋を使うような過激な運動は、身体に害になる活性酸素を発生させて身体に大きなダメージを与え、回復するにも長い時間がかかります。糖分がたくさん使われて、血糖値が急に下がることによって、糖分を頼りにしている脳や神経などは大きな影響を受けてしまうのです。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp


posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

睡眠前のイメージ療法学的イメージダイエット法

 イメージ療法学とは私達人間だけがもつイメージ力を使って身体機能を理想的な状態に調整しようという学問です。
 つまり右脳のイメージ力は、すべての身体のシステム(筋肉、循環器系、骨格系、神経系、内分泌系、消化器系など)すべてに調和をもたらし、あなたを健康にしてくれます。
 あなたはダイエットができるなら、不健康な方法でも、やせることさえできれば、それでもよいと思ったりしていませんか。
 それは、大きな間違いです。不健康なダイエットは、あなたから、若々しさや美しさを奪い、ときには生命さえ奪いかねません。そして無理なダイエットやリバウンドを繰り返すと、私達の身体は脂肪が燃えにくい体質になってしまいます。その点、イメージダイエット法はこのような心配がなく、誰にでも簡単にできるダイエット法です。そして、脂肪が燃えにくくなってしまった人にでも非常に効果的なのです。このような人こそ、このイメージダイエットが効果的です。イメージダイエットは、だれにでもできる簡単なものです。
 体重五〇sの女性の場合、三〇分のウオーキング、食事の支度、六時間の睡眠、この三つの中で一番カロリーを消費するのはどれでしょう。
 それぞれ順に一一四kCal、一三五kCal、二八八kCalです。意外なことに睡眠時のカロリー消費がかなりあります。そして基礎代謝が高い人ほど、この数字も高くなります。つまり、若々しい人や規則正しい生活と適度の運動をしている人は基礎代謝が高いのです。そして規則正しい睡眠が非常に大切です。ここで睡眠時のエネルギー消費効果を高めるためのイメージングをご紹介しましょう。
 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、両者は睡眠中に交互に訪れます。
 レム睡眠とは、眠っていながらも覚醒レベルが高く、外部からの情報をキャッチできる状態です。つまり、眠りが浅い状態です。レム睡眠中の人に話しかけると、受け答えするケースが多いのもそのためです。
 この状態でのイメージングがもっとも効果的です。目覚めているときは論理的な思考が邪魔しますが、睡眠中は論理的思考が働いていないので、脳はイメージを素直に受け入れるのです。ですから、睡眠前と睡眠中に、ささやきくらいの音量で「私はやせている。どんどん脂肪が燃えてカロリーを消費している」といったイメージコードをエンドレスモードで一晩じゅう流しておくとよいのです。もしささやき音量でも気になって眠れない人は、音を小さくすればいいでしょう。このイメージコードや言葉をレム睡眠中に脳がキャッチすれば、脳から身体へとその指令が伝えられ、カロリー消費の効果も高まります。寝ながらラクラク、スリム化が可能になるというわけです。この原理を応用したイメージダイエット用のイメージングユニットドゥワセラヴィを使用したスリープダイエットのダイエット効果は非常に高いのです。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

守りのイメージと攻めのイメージ

 願望の実現には積極的に強いプラスのイメージを持ち続けなければなりません。もちろん目標体重を設定して、スリム化を目指している過程では、比較的だれもが積極的です。
 しかし一度目標体重にゴールしたり、近づいたときはどうでしょう。リバウンドや失敗することに強い恐怖感を感じ、必要以上に体重ばかりに意識が向き、わずかな変化にも一喜一憂して、痩せることへの執着心が一気に強まります。そうすると、今の体重を何がなんでも守り抜こうという守りのイメージをもつようになります。もちろん体重を維持していこうとする気持ちは大切です。
 しかし、それが強くなりすぎて守りのイメージになってしまうと、目標体重までのような攻めのイメージで行うスリム化と違って、心理的に本当に苦しくなってしまいます。わずかな体重増加にも大きなストレスを感じるようになります。へたをするとその過度のストレスに負けてしまいリバウンドしてしまいます。
 攻めのイメージとは、言い方を変えれば、チャレンジャーの精神です。スリム化だけでなく、どのようなときにも持ち続けていきたいものです。では、守りのイメージになったときはどうすればいいのでしょう。
 こんな時は、一つ目の目標を達成したのだから、次の目標を設定して意識をそこに向けるといいでしょう。達成したことにいつまでも執着しているから、守らなくてはいけなくなるのです。たとえば、目標体重をクリアしたなら、イメージを体重から、今度はプロポーションへと変えればいいのです。ただのやせた身体から、より女性らしい美しい身体へと作り上げることを新たな目標にかかげてみるのです。そうすれば新たなやる気が生まれ、より高い目標に挑戦し続けられるでしょう。
 しかし非常に効果が大きいイメージダイエット法でも、ずっと続けていると、だんだんマンネリ感が出てきます。こんなとき、一度やると決めた以上は絶対続けようと無理していると、ある日突然、ダイエット自体に無気力無関心になってしまうことがあるのです。これをバーンアウト(燃えつき症候群)と言います。では、バーンアウトしないためにはどうしたらいいのでしょう。
 方法は簡単です。ダイエットを始めたころの新鮮なイメージを取り戻せるまで少し休めばいいのです。
 しばらく休んでいると、「再開したほうがいいかな」と思えるようになります。そのうち、心の奥底から「ああ始めたくて仕方ない」という欲求が出てきます。この状態が再開のポイントです。しかし、ここを過ぎても始めなければ、今度はやる気が出なくなってしまいます。実際に休むのは勇気のいることですし、少しでも休むことは体重が一時的に増加することになる場合がありますが、バーンアウトしてリバウンドすることを考えれば、急がば回れでしょう。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

夜寝る前の呼吸法とリラックスした心身を作るストレッチ

ダイエット中はもちろん、どんなときでも、夜寝るときはリラックスした安らかな気持ちで眠りたいものです。睡眠は、一日の疲れやストレスを取り除き、身体機能を回復させます。つまり、ゆったりした心静かな睡眠こそ、ダイエットには必要不可欠です。そしてここちよい睡眠へと導く方法に呼吸法があります。まず、口を閉じて、鼻だけでスッハッスッハッと速く短い呼吸を三分間くらい続けます。そうすると、脳は軽い酸欠状態になります。脳の酸欠状態による思考力の低下によって、頭の中にあるモヤモヤや悩み、マイナス思考が消えてしまいます。激しい運動の直後と同じような状態です。つまり、何も考えられない状態です。次に、その状態から今度はゆっくりと長い腹式呼吸を行います。
まずゆっくり七つ数えながら、鼻から息を吸い込みます。下腹あたりをゆっくり、大きく膨らませる感じで息を吸い込みます。そして、七つ数えながら息を止めます。そのあと七つ数えながら、ゆっくり口から息をしっかり吐きましょう。
このときは、身体中の空気をすべて出し切るイメージで行うのです。また、息を吸うときには、空気をせいいっぱい吸い込むイメージで行います。つまり最初に酸欠状態を作り出しておくことで、次に行う腹式呼吸が大量の酸素が脳に送られ、苦しいあとの安らぎのような、とてもリラックスした幸福感を感じられるはずです。ベッドに横になり、いつでも眠れる状況を作って、気軽に実践してみましょう。
そして呼吸法とのセットで、スリム化のための運動をするとき、軽い準備体操の感覚で、簡単なストレッチを行うと効果的です。
そしてストレッチを行うときの注意としては、身体を前に倒していくときに息を止めないことです。
特に身体がかための人は力を入れるあまり、息を止める人が多いようです。しかしこれでは身体の筋肉が緊張してしまい、ストレッチの効果が小さなものになってしまいます。ですから身体を前に倒すときはゆっくりと息を吐きながら、戻すときにはゆっくりと息を吸いながらが理想です。しかし前に倒すときに息を吐くのがどうしてもむずかしいというなら、身体を前に倒すとき、ハミングしたり独り言を言ってみましょう。そうすると、自然に息を吐き出せます。
そしてストレッチをするときに、同時にマッサージを加えてみるといいのです。
身体を前に倒すとき、だれかに背骨の左右一〜二センチくらいのところを、両手で上から下のほうまでゆっくりとさすってもらいましょう。背骨は、自律神経系の幹線路です。そこから身体のあちこちに広がっています。その幹線をゆっくりとマッサージすることで、副交感神経が優位になり、リラクゼーション効果が高まるのです。この単純な二つのことに注意してストレッチを行うことが、心身のリラクゼーションに大きな効果をもたらしてくれるのです。



シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。