2010年09月06日

スリム化お勧めの食材

◇穀物:玄米、胚芽米、全粒小麦。
◇タンパク質:卵、牛肉、魚、大豆(納豆やとうふ)、牛乳、チーズ。
◇脂肪:エゴマオイル、オリーブオイル、アボカド、青身の魚のEPA(エイコサペンタエン酸)。
◇新鮮な生野菜:レタス、アボカド、トマト、きゅうり、にんじん、ほうれんそう、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、豆類など。
◇玉ねぎ、にんにく、しょうがを野菜の味つけに使いましょう。
◇新鮮な果物:りんご、桃、梨、グレープフルーツ、オレンジ、いちご、メロン。
◇天然の塩
◇ナッツ類:アーモンド、カシューナッツ、マカデミアナッツ、くるみ、かぼちゃの種など。油や塩で煎ったものは避け、生のものがいいのです。
◇飲料水:ミネラルウォーターまたは水道水なら湯冷ましを使います。
◇赤ワイン:消化を助け、身体の酸化を防ぎます。

避けるべき食材

これらの食材はスリム化を妨げるだけでなく、アレルギーや、腸を弱らせる原因になりやすいものです。
◇白米、精製小麦粉を使ったパンやパスタ、加工されたシリアル
◇砂糖を使った甘い食品やスポーツドリンク、清涼飲料はカロリーが多く、他の栄養は不足気味です。
◇じゃがいも、コーンは、グライセミック指数が高い。
◇レーズンなどのドライフルーツや缶詰めの果物
◇加水分解されたタンパク質
◇揚げ物(古い油や、過度に熱せられた油で調理されたもの)
◇マーガリン、ショートニング、人工のコーヒークリームなどの水素添加された油
◇熟していない果物や野菜(バナナ、ピーマン、トマト)
◇人工的なビタミン

*食品のグライセミック指数
「グライセミック指数」とは、炭水化物を含む食品を食べた場合、どの程度インスリンの分泌を促すかを示す数値。数値が高い食品は急激に血糖値を上げます。
100以上:白いパン、コーンフレーク、米菓子、ハチミツ、ブドウ糖、フライドポテト、ベイクトポテト
100〜80:白米、全粒粉パン、バナナ、レーズン、コーン、マッシュトポテト、にんじん、甘い清涼飲料
80〜50:パスタ、オレンジ、オレンジジュース、豆類、さつまいも
50〜30:オートミール、りんご、梨、ぶどう、桃、牛乳、ヨーグルト
30以下:グレープフルーツ、大豆、ピーナッツ


シャルル・ドゥワサロン http://www.charlesdoi.co.jp
posted by T.Doi at 14:00| Comment(0) | TrackBack(1) | イメージダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大阪十三のメンズエステ「癒し家」 - 睾丸マッサージ
Excerpt: 大阪十三のメンズエステ「癒し家」での睾丸マッサージご案内
Weblog: 大阪十三のメンズエステ「癒し家」
Tracked: 2014-06-06 14:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。